とびだせ!通信

番組スタッフが「とびだせ!夕刊探検隊」の情報やウラ話をお伝えしていきま〜す!!

2016年4月18日(月)

朝日新聞社 生活文化部の 桝井政則デスク

今週の客間におこしは

朝日新聞社 生活文化部の 桝井政則デスクにお越しいただき、
春からの新紙面についてお聞きしました。

主に若者に新聞に目を向けて貰おうと作った
紙面づくりについてお話いただきました。
その中でも目玉は「ココハツ」と「ウニュ」

まず土曜日の夕刊の紙面に登場した「ココハツ」・・・
なんじゃそりゃ(失礼…)という企画名ですが、

ココ=記者個々人のココ、此処のココ、
つまり自分の足元から、という意味
ハツ=発信

朝日新聞社35歳以下の記者だけで
取材・構成される若者向けの記事です。
普通なら新聞に取り上げられないような
記事が発信されるのが魅力。

実はこの「ココハツ」 

前出の「ウニュ」=withnews(ウィズニュース)http://withnews.jp/
というインターネット上だけで読むことの出来る
朝日新聞が運営するニュースサイトが先ずあり、
そのサイトと連動する形で始まりました。

朝日新聞デジタルとは別でネットならではの
ニュースをの取り上げ方をする「ウニュ」
記者の皆さんにとっては
書かなければならない記事が単純に増え、負担になるものの
普段、提示することのないような
“ものの見方”を提示できるのではと、
記者の皆さんはがんばっておられるそうです。

朝日新聞のイメージがコロッと変わってしまう、かも?しれません。

とびだせ!通信 バックナンバー