毎週日曜あさ8時25分放送「サラダトーク お仕事カフェ」

12月10日 放送
北陸風洋風ぶり大根 レシピ♪
ゲスト/山本化学工業株式会社 代表取締役社長
    山本 富造(やまもと とみぞう)さん

先週に引き続き、
山本化学工業株式会社 代表取締役社長
山本富造(やまもと とみぞう)さんを
ゲストにお迎えしています。

山本化学工業が今、特に力を入れているのが、
医療・健康分野。
2010年には医療機器の製造業および製造販売業の許可を取得しています。

たとえば、こちらは、
「エアロドームシェイプアップベルト」。
山本化学工業が開発したバイオラバーを使用しています。
写真
装着すると、こんな感じ。
写真
体幹を鍛えることの大切さは皆さんよくご存じですが、
実際には
山本さん「体重が足の親指にかかっている人が多いんですよ。
     これだと膝を悪くしてしまう。
     そこで、姿勢の悪さを修正するためのベルトを開発しました」

幅広のベルトをウエストに巻き、
両サイドのバンドで横ブレを防ぎ、
背中のバンドでろっ骨を後ろに引き寄せて背筋を立ち上げ体幹を整えます。

倉森ひとみ「胸が開いたような気がします!
      背も伸びたみたいな…」

このベルトを着けることで、
体が正しい姿勢を覚えてくれるのだとか。
アスリートはもちろんですが、
山本さん「最近は、スマートフォンを利用するせいか、
     前傾姿勢の人が増えています。
     ぜひ、一般の皆さんにも使っていただきたいですね」

また、こんな製品も。
写真
その名も「メディカルバイオラバー」。
段階的に圧迫圧を加えることで
下肢の静脈血、リンパ液のうっ滞を軽減するということで…
倉森ひとみ「えっ?すっごく足が軽くなりました!」
写真
着用場所によって、サイズもいろいろ。
写真
さらに、2011年の東日本大震災による福島第一原発の事故後には、
事故処理に携わる人たちのために大急ぎで遮蔽ウェアも開発。

山本さん「代々、『世の中の役に立つもの以外やるな!』と
     言われてきましたからね」

そんな超多忙な山本さんに、
オリジナルサラダ料理の差し入れです!
写真
「北陸風洋風ぶり大根」(山本さん命名)
写真
大好きだとおっしゃる「ぶり」を使った
野菜たっぷりのサラダ料理です。
定番のぶりと大根にプラスしてカラフルな彩りの野菜を組み合わせた、
クリスマス時期にもお勧めのメニューです。

●材料/2人分

ぶり(切り身)200g
だいこん1/4本
パプリカ(黄)1/2個
ブロッコリー50g
ミニトマト2個
スイートコーン缶(ホール)20g
カットトマト缶200g
コンソメ(顆粒)小さじ2
にんにく1片
オリーブオイル適量
塩・こしょう少々
粉チーズ少々
パセリ少々

●作り方

ぶりは一口大に切り、塩・こしょうをふって
オリーブオイルをひいたフライパンで焼く。
火が通ったらいったん取り出しておく。
だいこんは1.5cmの輪切りに、パプリカは乱切りにする。
ブロッコリーは小房にわけて下ゆでしておく。
フライパンにオリーブオイルをひき、
みじん切りにしたにんにくを弱火で炒め、
香りがでたら2のだいこん、パプリカを炒め、
1のぶりをフライパンに戻す。
3にカットトマト、コンソメを加え、蓋をして弱火で煮込む。
野菜に火が通ったらブロッコリー、ミニトマト、
スイートコーンを加え、
軽く煮込み、塩・こしょうで味を整えて器に盛り付ける。
5
粉チーズとパセリをトッピングする。
レシピのダウンロード・印刷はこちらから♪

「北陸風洋風ぶり大根」のレシピ(PDF)

山本さん「北陸出身の家系なので、ぶり大好きなんですよ!」
写真
大好物のぶりですが…
山本さん「いつものぶり大根とはイメージ違いますね(笑)
     トマトの酸味があっていいですね」

お気に召してもらえてよかったです。
今年の冬は、ぜひご家庭でも「北陸風洋風ぶり大根」
楽しんでみてくださいね。

最後に、これからの目標を伺いました。
山本さん「アスリートだけでなくあらゆる年齢、
     特にアクティブシニアと呼ばれる
     いくつになっても体を動かして元気でいたい皆さんのために
     体に負担なく、より若々しくなってもらうための製品を
     作っていきたいですね。
     そして、会う人会う人が姿勢が良くて、
     『日本には病気がない』と言われる社会を作りたいです」

目指すは「人生125歳」!
でも、「おもしろ科学カンパニー」山本化学工業のアイディアがあれば、
夢ではなさそうです。
写真
山本さん、2週にわたってありがとうございました。

>> 放送内容のバックナンバーはこちら

▲このページのトップにもどる