毎週日曜あさ8時25分放送「サラダトーク お仕事カフェ」

6月28日 放送
ソバじゃネーヨ!サラダレシピ♪
ゲスト/Bamboo Cut 竹内 順平(たけうち・じゅんぺい)様

今週も展示会やイベントの企画・運営などを手掛ける
クリエイティブユニット「Bamboo Cut」の竹内順平さんがゲストです。

現在、25歳の竹内さん、
大学時代の友人・切替瑶太さんと昨年「Bamboo Cut」を立ち上げ、
「にっぽんの梅干し展」という企画展で華麗なるデビューを飾りました。
写真
そんな竹内さん、実はお父様が落語家の立川志の輔さんなんです!
大学時代には、父である立川志の輔さんの新作落語を
台本に起こして演劇にする「落語の舞台化」という作品を
企画・演出されていました。

竹内さんが、小学生だった頃、
クラブ活動のレクリェーションで落語を披露する機会があり、
事前に志の輔さんにその会で披露する落語を見てもらったそうなんですが、
目の前で腕を組んで一回も笑わずに、
終わった後「それでいい…」
その一言しかもらえなかったのが、非常に印象に残っているようそうです。
どこまでも落語に真剣な志の輔さんを父にもつ、
竹内さんならではのエピソードですね。

大学卒業時に、「落語家になりたい!」と志の輔さんに伝えるも、
「お前は、落語家にむいていない!!」と一蹴されてしまったとか

近くで「落語の舞台化」という作品を
企画・演出している竹内さんを見てきた志の輔さん"ならでは"の
自分の道を進め、という後押しかもしれませんね。

そんな、竹内さんに召し上がっていただく、おもてなしサラダ料理は!?
写真
「ソバじゃネーヨ!サラダ」(竹内順平さん命名)

生野菜とお刺身を使ったそばサラダを、握らないおにぎり風にアレンジ。
見た目のインパクトが楽しいそばサラダ料理です。
のりの佃煮で作った「しそのりだれ」は、
そばにもお刺身にもピッタリなタレです。
写真

●材料/2人分(ケンコーマヨネーズ考案)

焼きのり 2枚
和そば(ゆで) 1袋
錦糸卵 40g
マヨネーズ 20g
きゅうり 20g
だいこん 20g
まぐろ(刺身) 60g
サーモン(刺身) 60g

<しそのりだれの材料>

   
白だし 大さじ2
大さじ1
のりの佃煮 小さじ1
しそ 1枚
すりごま(白) 少々
   
わさび菜などの葉野菜 適宜

●作り方

しそのりだれを作る。白だし、水、のりの佃煮、
みじん切りにしたしそ、すりごまを混ぜ合わせる。
そばサンドを作る。きゅうり、だいこんは千切りにする。
焼のり1枚に対して、和そばは1/2袋使う。
焼のりを広げ、そば1/4袋分をこぶし程度の大きさにまとめておく。
その上に錦糸卵、マヨネーズ、2を順に少量ずつのせる。
8cm程の長さに棒状に切ったまぐろとサーモンを
2切れずつ(30gずつ)交互にのせ、
マヨネーズ、2、錦糸卵の順に少量ずつおき、
残りの和そば1/4袋分をのせる。
4を焼きのりでしっかり包み、
ぴったりとラップでくるんで馴染ませ、1/2に切る。
残りも同様に作り、皿に盛り付け、
しそのりだれとお好みの葉野菜を添える。
レシピのダウンロード・印刷はこちらから♪

『ソバじゃネーヨ!サラダ』のレシピ(PDF)

写真
一口食べて思わず言葉を失う竹内さん。
すすらないそばを食べるのは初めてで、
「好きなそばを食べている」と頭で認識するのに
「時間」がかかったそうです。
残さず食べていただきましたよ♪

ラジオでは、のりでくるんでインパクトのある
そばサラダ料理をご紹介しましたが、
そばの上に材料をのせるそばサラダでも、おいしくいただけます。
ぜひご家庭でチャレンジしてみてください♪
写真
<サラダちらしそば>

最後に竹内さんの夢をお伺いしました。

「いろんな方々の協力がなければ展示会は出来ないので、
携わって下さる皆さんがハッピーになれれば、と思います。」
フランスでの「にっぽんの梅干し展」の成功も楽しみにしています。
竹内順平さんありがとうございました。

>> 放送内容のバックナンバーはこちら

▲このページのトップにもどる