毎週日曜日よる9時5分〜10時放送 橋詰優子の『劇場に行こう!』橋詰優子の『劇場に行こう!』トップページへ

2月10日の放送内容!

2月10日更新

出演:橋詰優子・中山義紘・尾形大悟  縛りやトーマス・山村啓介
ゲスト:北条瑛祐(朝日放送 アナウンス部)

映画

『マンハント』

「レッドクリフ」「男たちの挽歌」の名匠ジョン・ウーが、「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーと福山雅治をダブル主演に迎えて日本でのオールロケを敢行、1976年に高倉健主演で映画化された西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化した。

製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)はパーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。状況証拠はドゥ・チウが犯人だと示しており、罠にはめられたと気付き逃亡…。追う敏腕刑事・矢村(福山)はドゥ・チウに近づけば近づくほど事件に違和感を抱く。やがてドゥ・チウを捕らえた矢村は無実を確信、警察に引き渡さずに事件の真相を追うことを決意する。

共演に「第7鉱区」のハ・ジウォン、國村隼、桜庭ななみなど。
公開中

映画

『グレイテスト・ショーマン』

「レ・ミゼラブル」で華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマン主演、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀米国の興行師P・T・バーナムの半生を描くミュージカル。劇中歌を「ラ・ラ・ランド」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当。

貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。

バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役を「ハイスクール・ミュージカル」「ヘアスプレー」のザック・エフロン、バーナムの妻チャリティを「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズが演じる。
2月16日(金)公開

演劇

THE ROB CARLTON 15F「マダム」
2月15日(木)〜19日(月) HEP HALL

THE ROB CARLTON(ザ・ロブ・カールトン)は2010年12月敬愛する「ラグビー」と「ホテル」をコンセプトに結成。“Funny”“Interesting”“Emotional”“Hospitality”の理念のもと、紳士的な振る舞いと限りなくコメディに近い芝居を日々探求している。
今作が15回目の公演。満を辞して初の東京公演に挑む!

全ての出演者は男性のみ。なのにタイトルは「マダム」。
一人のマダムの華麗なる人生が、幕を閉じようとしている。
その夜、屋敷に集まった家族や友人、知人たち。
マダムはゆっくりと、思い出を語り始める。
その人生は、やはり、華麗だった。

作・演出:村角太洋
出演:THE ROB CARLTON(村角ダイチ・満腹満・ボブマーサム)
   伊勢村圭太・大石英史・高坂勝之・近藤貴嗣・御厨亮 川下大洋・三上市朗
日程:2月15日(木)19:00・16日(金)14:00・19:00・17日(土)13:00・17:00
   18日(日)13:00・18:00・19日(月)14:00
会場:HEP HALL
料金:前売3500円 学生2500円(当日券各500円UP)
*東京公演 赤阪RED THEATER 2月23日(金)〜25日(日)
詳しくは ロブカールトン もしくは HEP HALL で検索

ABCホール

OFFICE SHIKA PRODUCE「おたまじゃくし」
2月15日(木)〜18日(日)ABCホール 全5回

とある文化住宅、精子無力症の彼は息子と名乗る青年に出会った・・・
「文化と命の受け渡し」に真っ向から挑む丸尾丸一郎の最新作!この物語は「文化住宅」という無くなりつつある文化に男三代の命の受け渡しを描くタイムトリップ物語!

作演出:丸尾丸一郎
出演:鈴木裕樹 宮崎秋人 鷺沼(さぎぬま)恵美子 他
料金:前売当日4900円・ヤング券(U-22)3500円
詳しくはABCホールで検索

ページのトップへ

2月3日の放送内容!

2月3日更新

出演:橋詰優子・中山義紘・吉本考志  縛りやトーマス・山村啓介

映画

『スリー・ビルボード』

ベネチア国際映画祭で脚本賞、トロント国際映画祭の観客賞を受賞した。

米ミズーリ州の片田舎の町で、何者かに娘を殺された主婦のミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)が警察に業を煮やし、抗議のため町はずれにドデカイ広告看板を設置・・・!それを快く思わない警察や住民とミルドレッドの間には埋まらない溝が生まれ、いさかいが絶えなくなる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく。

共演にウッディ・ハレルソン、サム・ロックウェルら演技派が共演。「セブン・サイコパス」「ヒットマンズ・レクイエム」のマーティン・マクドナー監督がメガホンをとった。
公開中

映画

『巫女っちゃけん。』 2月3日(土)公開

広瀬アリスが、未来に夢も希望も抱けず巫女バイトを続ける主人公を演じた主演作。

幼い頃に母親が家を出て行ったことが原因で何かと父(リリー・フランキー)に反発する「しわす(広瀬アリス)」は、短大卒業後の仕事をすぐに辞めて、父が宮司の神社で巫女バイトをしながら就活中。就職が決まれば巫女は辞めるつもり。でも他にやりたいことがあるわけでもない。そんなある日、夜中の境内を見回りしていると、社殿に隠れる5歳の少年・健太(山口太幹)を見つける。悪ガキ少年の健太は一切口をきかず、しわすがイヤイヤ面倒を見ることに。数日後に母親(MEGUMI)が迎えにきたが、安心もつかの間、殴られてあざをつくった健太が再び神社に…。しわすに疑いがかかり、暴力巫女のレッテルを貼られそうになるが・・・?

監督は「偶然にも最悪な少年」「ハードロマンチッカー」のグ・スーヨン。福岡県福津市の宮地獄神社で撮影され、福岡のみ1月20日から先行公開されている。
2月3日公開

演劇

TRASHMASTERS vol.28「埋没」
2月10日(土)〜12日(月・祝) インディペンデントシアター2nd

TRASHMASTERS(トラッシュマスターズ)は2000年に旗揚げされた東京の劇団。
初期はコメディタッチで毒のある作品を中心としてきたが、現在では現代社会が抱える問題などを取り入れた骨太な物語で、観る者の魂を揺さぶる重厚な人間ドラマを中心に描き、演劇ファンのみならず多くの業界関係者から熱い支持を集めている。
今回は初の関西公演。
舞台は高知県にあるダム建設により水没した旧大川村役場をドラマの焦点に二つの家族を描く。
建設により高知市内などへ移り住む家族と、大川村に現在も住み続ける家族の物語。

離婚した。
実家に戻った。親は施設にいて誰もいない。
ふと、亡くなった父の生まれた村に行きたくなった。そこには以前よりも細くなった父の古い友人がいた。この村には人がいない、そう云われている。村の大半は消えてしまった。
誰もこの村を救ってくれない。未来はなく、滅びゆくのみの運命なのか・・・
でも私は、村の中にのみ人は存在すると信じている。
現実を生きる本当の姿が。
ここにはかつて人がいた。道があった。村役場があった。
それらは今滅びゆくこの村の水の奥底からどんな想いで見つめているのか・・・
都市型の生活をしている市内に移住した家族の人間が、自給自足型の生活をしている大川村在住の家族と対話を重ね、人間の真の豊かさとは、幸福とは、尊厳とはなにかを問いかけます。

作演出:中津留章仁
出演:倉貫匡弘 森田匠 森下庸之 長谷川景 川ア初夏 藤堂海 みやなおこ 山本亘
日程:2月10日(土)18:00・11日(日)13:00・18:00・12日(月・祝)13:00
会場:インディペンデントシアター2nd
料金:前売3500円・当日4000円・U25:2500円(全席自由席)
詳しくは トラッシュマスターズ で検索

演劇

丸福ボンバーズ「バカの王様 〜the KING of BAKA〜」
2月16日(金)〜2月18日(日) 一心寺シアター倶楽

昭和10年、東京下町が舞台。商売繁盛の福の神と人気を集めた実在の人物「仙台四郎」を題材にした人情喜劇。かつて福島氏が「泪目銀座」という劇団をやっていた時に書いた作品で、岸田國士戯曲賞にノミネートされた。

脚本/演出:福島三郎
出演:八木さおり、なすび、山崎彬(悪い芝居)ほか
   (キャストが2組あり)
日程:2月16日(金)19:00 2月17日(土)14:00 18:00 2月18日(日)14:00
料金:3800円
詳しくは丸福ボンバーズで検索

ページのトップへ

おはがきのあて先は・・・ 〒530-8004 ABCラジオ 橋詰優子の『劇場に行こう!』係